最近話題の仮想通貨【ZNY,XP】の売買が可能なDEX(分散型取引所)「CryptoBridge」のまとめ

分散型取引CryptoBridge

おはようございます!たっちんパパです。

今回は最近人気急上昇中の分散型取引所「CryptoBridge」について、特徴やアカウントの登録方法などをまとめてみました。

Mona/Znyペアが登場して国産通貨同士の取引が可能になったり、どんどん取り扱う通貨の種類も増やしていて、今後も人気が高まりそうです。面白そうな草コインを探したい人は覗いて見てはいかがでしょうか。

分散型取引所「CryptoBridge」の特徴

「CryptoBridge」の主な特徴は3つ!

1.ハッキングや取引所の閉鎖などのリスクが低い

分散型取引所 (DEX)とは、ブロックチェーン上で仮想通貨の取引を行う取引所です。管理者が存在しないため、サーバーの障害や取引所のハッキング、閉鎖などのリスクが低いと言われています。

2.最近話題になっている「BitZeny」や「XP」を取り扱っている

最近Twitterなどで話題になった国産の「BitZeny」や現在0.1円以下で買える「XP」の影響で「CryptoBridge」の利用者が増えているようです。

3.登録が超簡単

普通の国内の取引所の場合、アカウントを作成してハガキなどで本人確認を行うため、取引開始までに数日を要しますが、「CryptoBridge」ではメールでの認証すらいらないので、数分で取引が開始できてしまいます。

このスピード感は他の取引所には無い強みと言えるでしょう。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)の登録方法

1.まずはCryptoBridge(クリプトブリッジ)にアクセス!

https://crypto-bridge.org/

CryptoBridge登録

2.ずーっと下にスクロールして行って「WEB VERSION」をクリック。

CryptoBridge登録

取引プログラムをローカルにインストールして利用することもできますが今回はお手軽な「WEB VERSION」で解説します。

3.「Create Account」をクリック。

CryptoBridge登録

新規にアカウントを作成するので「Create Account」を選択。

4.言語を日本語に変更しておく

CryptoBridge登録

国旗アイコンをクリックすると言語の変更ができます。ここで日本語に変更しておけばホームページの表記が日本語表記になるので分かりやすくて安心です。

5.アカウント名、パスワードの設定

CryptoBridge登録

上図のようにアカウント名とパスワードを設定して、注意事項にチェックを入れたらアカウント作成ボタンをクリックしてください。パスワードの扱いには細心の注意が必要です。パソコンやスマホだけで無く紙などにメモ書きしておくと、いざという時安心です。

登録自体はこれで完了です。お疲れ様でした。

メールでの認証などもいらないので、簡単でいいですね。次の項では「CryptoBridge」で取引を行うために入金する方法を解説していきます。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)の入金方法

まずCryptoBridge(クリプトブリッジ)に入金するには、ビットコインやモナコインが必要です。持っていない場合はZaifコインチェックなどで購入しておきましょう!

入金用のビットコインなどが用意できたら、ホーム画面の「入金/出金」タブをクリックします。

CryptoBridge登録

入金したいコインを選択すると入金用アドレスが表示されるので、そのアドレス宛てに送金すると残高に反映されます。

以上で入金が完了しました。CryptoBridgeでの取引をお楽しみ下さい。

 

たっちんパパおすすめの国内取引所



仮想通貨を始めるなら
アルトコインのレバレッジ取引ができる唯一の国内取引所

取引画面が分かりやすくツールの完成度はピカ1!取引手数料や送金手数料が無料で仮想通貨を始める初心者向けの取引所です。







安心・安全な仮想通貨取引所Zaif
ドルコスト平均法で仮想通貨を積立するならZaif!

Zaif(ザイフ)は日本初のICOである「COMSA」やmijinプロジェクトで注目を集めています。取引手数料の安さに定評があるのでビットコインやアルトコインの現物を買うならZaifが絶対にお得!仮想通貨積立ては初心者にオススメの投資法です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です