【ビットコインFX】たっちんパパの負けトレードに学べ!

負けトレードに学べ

こんばんは!たっちんパパです。

あいかわらずビットコインの高騰が続いてますね。私もそのビックウェーブに乗りたくてビットコインFXに参戦し、好調が続いていたんですが、今日の取引で大敗してしまいました。

負けトレードに学べ 6万だけどたっちんパパにとっては大金…コツコツ重ねた利益が飛んだ…

でも負けて凹んでいてもしょうがないので、この失敗から学ぶ事ができるように、今日の負けトレードについて振り返ってみたいと思います。

なお、今回は短期でのトレードについての考察です。長期トレードについてはまた考え方が変わるので注意して下さい。

ビットコインFXで負けた要因

その1 利確のタイミングを逃し、諦める事ができなかった。

みなさんも経験あると思いますが、流れはしっかり読めていたのに、「ここまで落ちる」(上がる)と予想した価格まで1歩届かなかった。その時点で決済してしまえば予測していた利益に近い利益が取れたのに、もう一度最初の予想した価格まで動くと信じて待ってしまう。経験上そういう場合は帰って来ない時の方が多いです。

そんな時は潔く「頭と尻尾はくれてやれ!」の心意気で決済してしまいましょう!

負けトレードに学べ

その2  相場の流れに逆らった

ビットコインはずっと上げ相場で来ているので、基本はロング(買い)で入った方が無難です。先日大きく下げた局面もありましたが、全体的に見ればまだまだ上げ相場です。

そんな状況がわかっていながら、今回はまだ下がりそうだなとショート(売り)しました。直後は下げましたが予想より早く反転してたか〜く登って行ってしまわれました。

基本は相場の流れに逆らわずに「順張り」する。これが鉄則です。

たっちんパパ
わかっちゃいるけど逆らいたいお年頃やねん

その3  成行注文で取り引きした

成行注文は現在の価格ですぐに売買ができる注文方法ですが、あまりオススメしません。

その名の通り成り行きで熟慮せずに売買してしまうからです。今回の負けトレードも「まだ落ちそうだなぁ」と思いつきで成行注文してしまっていました。

本来はどこまで利益を取りにいくか(指値)、逆に損切りをする(逆指値)かを決めて指値で注文をした方が、気持ちに左右されずに取り引きを行う事ができるのでおすすめです。

負けトレードから学んだこと

まずいくらまで上がったり下がったりするなんて誰にも分からない。自分の予想に反した時は潔く諦めて取り引きを終わらせる。そして次に繋げることが重要。ある程度自分のトレードスタイルが確立されてきたら、自分の信念に従うこと。高騰してる真っ最中の相場に焦って参加しても火傷するだけです。

自分がどこまでリスクを取ることが出来て、いくらの利益を取りたいのかをしっかりと自分の中で決めてから相場に望むようにしましょう。

 

そんなビットコインFXで大敗したたっちんパパが使った取引所はコチラ! 注:bitFlyerさんに非は全くありません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインの取り引きなら取引量No1のbitFlyerがおすすめ!

たっちんパパ
説得力皆無!!www
たっちんパパおすすめの国内取引所



仮想通貨を始めるなら
アルトコインのレバレッジ取引ができる唯一の国内取引所

取引画面が分かりやすくツールの完成度はピカ1!取引手数料や送金手数料が無料で仮想通貨を始める初心者向けの取引所です。







安心・安全な仮想通貨取引所Zaif
ドルコスト平均法で仮想通貨を積立するならZaif!

Zaif(ザイフ)は日本初のICOである「COMSA」やmijinプロジェクトで注目を集めています。取引手数料の安さに定評があるのでビットコインやアルトコインの現物を買うならZaifが絶対にお得!仮想通貨積立ては初心者にオススメの投資法です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です