XRP(リップル)を利確したいからCoincheckからbitbankに移してみた

From Coincheck to bitbank
たっちんパパ
おはようございます!たっちんパパ(@tattinpapa)です。

無事に私のリップルがコインチェックから帰って来ました!やった〜!(今さら…)

ということで「今年こそはリップルを利確する作戦」を実行すべくXRPをCoincheckからbitbankに移すことを決意しました!

なんで利確するのにわざわざ資産を移動するのか。それはコインチェックは販売所なので基本的に手数料がバカ高いんです。bitbankを利用すると手数料が格安(ほぼ無料)で日本円(JPY)に替えることができるので使わない手は無いんです。

さらにbitbankでは指値注文が出来るのも大きなポイントです。コインチェックでは指値注文が出来ないので、XRPを高く売るためにはずーっと注文画面に張り付いて無いといけません。指値注文があれば売りたいポイントに指しておけば勝手に取引が出来るのですごく楽チンなんです。

まだbitbankに登録してない初心者さんは絶対登録しておきましょうね!

リップル買うなら指値注文できるビットバンクCCがオススメ!登録・口座解説方法

2018.02.20

Coincheck(コインチェック)からbitbank(ビットバンク)にXRP(リップル)を送金する手順

bitbank側の手順

アカウント画面の左メニューから「入出金」を選択。続けてリップルの欄にある「入出金」ボタンをクリック。

XRP送金

下図のように「宛先タグ」「預入用アドレス」が表示されます。このアドレス宛にコインチェックからXRPの送金を行います。

XRP送金

Coincheck(コインチェック)側の手順

続いてCoincheckでの操作を確認していきます。

まずはホーム画面左のメニューから「コインを送る」を選択。続けて「Rippleを送る」を選択します。

XRP送金

次に①送金先の登録を行います。

  • 新規ラベル(任意)
  • 新規宛先(リップル預入用アドレス)

以上を入力して追加ボタンを押すと送金先が登録されます。次回からは送金先リストから選択するだけで送金ができるので、いちいちアドレスの入力は必要ありません。

続いて②送金先の選択と金額などを入力していきます。

  • 宛先(先ほど登録したbitbankのアドレスを選択)
  • 「XRP宛先タグを使用する」にチェックを入れてbitbankの宛先タグを入力する
  • 金額(送金したい金額)

最後に間違いが無いかを確認して「送金する」ボタンを押します。二段階認証の設定をしている場合はこの後に認証が必要になります。

仮想通貨の送金ではアドレスの間違いなどで大事な資産が消えてしまう可能性もあるので、くれぐれも注意して送金するようにして下さい。

まとめ

以上が、CoincheckからbitbankへXRPを送金する方法になります。

ちなみに、今回試しにCoincheckからbitbankへXRPを送金したところ10分ほどで送金が完了していました。手数料も0.15XRPなのでビットコインより安くて早いです。改めてリップルのポテンシャルの高さに驚かされました。

次にリップルが高騰した時は利確するつもりで、そのために今回CoincheckからbitbankへXRPを移したんですが手放すのが惜しくなってしまいました。

まあでも一度400円から50円までの下落を経験してるので次は意地でも利確してやりますよ!

 

たっちんパパおすすめの国内取引所



仮想通貨を始めるなら
アルトコインのレバレッジ取引ができる唯一の国内取引所

取引画面が分かりやすくツールの完成度はピカ1!取引手数料や送金手数料が無料で仮想通貨を始める初心者向けの取引所です。







安心・安全な仮想通貨取引所Zaif
ドルコスト平均法で仮想通貨を積立するならZaif!

Zaif(ザイフ)は日本初のICOである「COMSA」やmijinプロジェクトで注目を集めています。取引手数料の安さに定評があるのでビットコインやアルトコインの現物を買うならZaifが絶対にお得!仮想通貨積立ては初心者にオススメの投資法です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です