COMSAのCMSトークンの受け取りはMOSAIC/NEMとERC20/Ethereumどっちがいいの?

CMSトークン

こんばんは!たっちんパパです。

待ちに待ったCMSトークンの続報が発表されました!

今後のスケジュール予定はこんな感じ

  • CMSトークン受取用アドレス登録開始 11/27 予定
  • CMSトークン配布開始 11/30 予定
  • CMS:XEM/JPY、CMS:ETH/JPYをオープン 12/4開始予定

発行されるトークンは2種類

CMS:XEMとCMS:ETHの2種類が発行され、受け取り時に選択できるのはどちらか一方だけみたいです。

たっちんパパ
優柔不断な私はhalf-and-half、50-50が良かったなぁ…

ウォレットでの受け取りもできる

デスクトップウォレットとはパソコンにソフトをインストールして通貨を保管できるお財布のようなものです。以下の2つのウォレットで受け取りが可能です。

  • Nano Wallet(Mosaic)
  • MyEtherWallet(ERC20トークン)

CMS:XEMとCMS:ETHどっちで受け取ればいいの??

CMSトークンが2つに別れるということは価格にも差が出てくると思うので、どちらを選択するのかみんな悩んでいるようですね。

Twitterでの投票を見ていると、割合的には6:4ぐらいでCMS:XEM/JPYのMosaicが人気でした。単純にNEM推しだという人たちも結構多いと思います。

CMS:ETHのERC20トークンで受け取るという人の意見としては、海外取引所で売買できる可能性があるからとか、ウォレットの信頼性がイーサリアムの方が高いといった意見もあるようです。

たっちんパパ
ちなみに私はZaif取引所のMosaicで受け取る予定です!

 

 

 

 

 

たっちんパパおすすめの国内取引所



仮想通貨を始めるなら
アルトコインのレバレッジ取引ができる唯一の国内取引所

取引画面が分かりやすくツールの完成度はピカ1!取引手数料や送金手数料が無料で仮想通貨を始める初心者向けの取引所です。







安心・安全な仮想通貨取引所Zaif
ドルコスト平均法で仮想通貨を積立するならZaif!

Zaif(ザイフ)は日本初のICOである「COMSA」やmijinプロジェクトで注目を集めています。取引手数料の安さに定評があるのでビットコインやアルトコインの現物を買うならZaifが絶対にお得!仮想通貨積立ては初心者にオススメの投資法です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です